2011年03月02日

ひな祭り

23.3.3.gif

           雛人形の由来

雛人形とはひな祭りに飾る人形のことですが、
どんな由来があるかご存知ですか。
医療や薬が身近な存在になった現代とは違って、
昔は病気で命を失う子供がとても多かったそうです。

病気になる原因は子供に邪気が移っているからと信じられていて、
お払いという文化が生まれました。
平安時代の女性たちの間では、
ひいな遊びと呼ばれる人形遊びが行われていました。
このひいな遊びとお払いの文化が合わさり、
現代のひな祭りの形ができたと言われています。
 
雛人形に邪気を移し、
子供たちが病気にならないようにという願いを込めて
厄払いをしていたそうです。
ひな祭りの文化が日本中に広まると、
その土地に根付いた様々な形式の雛人形が作られるようになりました。
 
 
d0017632_16305014.gif

お雛様
我が家でもお祝いしましたよぉ〜 655765.gif
 
23.2.28節句.jpg
 
知ってる〜?

やはり食べたい桜餅
大きく分けて2種類の桜餅があります。
あなたの中の桜餅はどちらでしょう?

長命寺 vs 道明寺

【 関東風=長命寺(ちょうめいじ) 】
小麦粉などの生地を焼いた皮で餡を巻いた、クレープ状のお餅。
享保2年(1717年)、隅田川沿い長命寺の門番・山本新六が、
桜の落葉掃除に悩まされて考案し売り出されたことから、
「長命寺」または「長命寺餅」と呼ばれています。
関東ではこちらが主流。
cyou200.jpg

【 関西風=道明寺(どうみょうじ) 】
道明寺粉(もち米を蒸して乾燥させ粗挽きしたもの。
大阪の道明寺で作られたため道明寺粉という)で皮を作り餡を包んだ、
まんじゅう状のお餅。
道明寺粉のつぶつぶした食感が特徴で、
「道明寺」または「道明寺餅」と呼ばれています。
関西ではこちらが主流。
dou200.jpg
私は 関東の人間ですが・・・
道明寺 のほうが好きですねぇ〜


posted by 3児のママ at 23:37| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おはよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
     種を巻きました
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。