2013年09月19日

見ましたか?

19日.jpg

この夜の月を「中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)」と呼ぶ

9月19日(木)は、旧暦の8月15日にあたり、
十五夜、中秋の名月となります。
お団子を食べながらお月見をするという方も多いかと思います


十五夜に欠かせない月見だんご
月見だんごが丸いのは、
満ち欠けをする月が満ちる姿を模しているからで、
豊作祈願や収穫祝いに加え、ものごとの結実、
健康や幸福をあらわします。

19日 月見団子.jpg
月見だんごの形
十五にちなみ、
一寸五分(約4.5センチ)の大きさの
丸いだんごを作ると縁起が良いとされています。
ただし、丸とはいえ、
ピンポン玉のような真ん丸は死者の枕元に供える
「枕だんご」に通じるので、ほんの少しつぶします。

月見だんごの数と並べ方
十五夜には、十五にちなんで15個お供えします。
また、1年の満月の数にあわせて12個(閏年には13個)、
15を簡略して5個にする場合もあります。
十三夜には、13個または3個です。

19日 月見団子@.jpg







posted by 3児のママ at 21:26| 福岡 | Comment(0) | おはよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
     種を巻きました
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。