2015年09月03日

ダブルケア。。。


ダブルケア。。。
何の事か分かる。。。?

40代の危機 
〜仕事×介護×子育て、
そしてミッドライフクライシスと更年期障害〜

ミッドライフクライシス
「本当にこのままでよいのだろうか」
「悔いのない人生をおくれるのだろうか」と悩む
この心理的葛藤のこと中年期の思春期

「中年の危機」と訳されるこの言葉は、
これまでガムシャラに働き、
休日は家族サービスに徹してきた人が、
人生半ばに差し掛かり
「自分の人生はこのままで良いのだろうか」と焦り始めて、
もがき出すという現象のこと。

あのキアヌ・リーヴスも悩まされた
自分を本当に理解できるのは自分だけです。
他人の人生と比較するのをやめる、
ありのままの姿を受け入れることが大切です。

本題に戻します (^_^;)
介護×育児=ダブルケア
晩産化・超少子化・高齢化が同時進行する現代


「子育て中なのにもう親の介護が必要になってしまった」
というこの状況、
ここ数十年の晩婚傾向が影響しているそうです

そしてこのダブルケアの担い手になっているのは
40代の方が中心。
30代で親の介護が必要なケースはまだ少ないですし、
50代では子育てもひと段落している家庭が多いですからね。

そして40〜50代女性の約75%に現れ、
約30%が治療が必要なほど重症化すると言われる更年期障害。
イライラする、気分がしずむ、動悸がする、
などの症状のピークは3年程度続くとされています。
何より自分自身のケアが必要なこの状況でダブルケア、
かなり厳しいですよね。
ご主人がミッドライフクライシス、奥さんが更年期障害。
そんな家庭ではお互いにフォローしあうのも難しくなってきます。

人ごとではない40代・50代の危機
       〜 親の介護と仕事の両立の難しさ

daburukea.gif










posted by 3児のママ at 09:41| 福岡 ☔| Comment(0) | おはよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
     種を巻きました
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。